講師 野澤 加奈枝 (のざわかなえ)    

 

経歴

4歳からピアノを始める。

桐朋学園大学音楽学部付属子供のための音楽教室京都教室、

京都市立音楽高等学校(現:京都市立京都堀川音楽高等学校)、

桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。

滋賀県ピアノコンクール第1位、

日本教育連盟ピアノオーディション全国大会優秀賞 審査員特別賞、

ピティナピアノコンペティション A3級〜F級において入賞

京都ピアノコンクール 銀賞、

その他、数多くのコンクールで幼少期時代から入賞を重ねる。

併せて、数々の受賞者記念コンサートやチェコ・ヤナーチェク音楽院、

東京オペラシティリサイタルホールにおける“ノイエ・ヴェレ”等、

国内外での演奏会に多数出演。

SetaPhilharmonicOrchestraとベートーヴェンピアノコンチェルト第4番を共演。

 

 これまでに、堤好美、甲斐環、稲垣聡、福井尚子、渡部由記子、広瀬康の各氏に師事。

クラウディオ・ソアレス氏のレッスンを受講、

チェコ・ヤナーチェク音楽院にてレッスンを受講。

モスクワ音楽院教授のセルゲイ・ドレンスキー氏の公開レッスンに抜擢され、

受講生を務める。

 第18回ショパン国際ピアノコンクールinAsia幼児指導者賞、

第42回ピティナピアノコンペティション新人指導者賞、

2018年・2019年度ブルグミュラーコンクールレッスン賞、

第43回ピティナピアノコンペティション指導者賞受賞。

第1種中学校・高等学校教員免許状(音楽)保有。

             社団法人全日本ピアノ指導者協会指導会員、池袋支部所属、 ピティナめぐろABCステーション代表。